光触媒で“汚れない”家

太陽の光で汚れを分解する「光触媒」

光触媒は、太陽や蛍光灯などの光が当たると強い酸化力が生まれ、有機化合物や細菌などの有害物質を二酸化炭素や水に分解します。

ガラスや壁などに塗布して光を当てると、超親水作用(水が水滴にならず薄く広がる働き)が生じます。この作用を、抗菌、脱臭、大気浄化、防塵、花粉症対策、曇り止めなどに利用することができます。また、人畜無害でとても安全なのも光触媒の特徴です。

太陽の光で汚れを分解する「光触媒」

光触媒施工試験

  • 光触媒施工面は美観を維持しています。未施工面は排ガスの黒ずみが確認できます。
  • 光触媒施工面は美観を維持しています。未施工面は排ガスの黒ずみが確認できます。
  • 光触媒施工面は美観を維持しています。未施工面は排ガスの黒ずみが確認できます。
  • 光触媒施工面は美観を維持しています。未施工面は排ガスの黒ずみが確認できます。

建物の外壁、太陽光パネルに

光触媒を施工した外壁や太陽光パネルは太陽の光を浴びて汚れを落とし、雨水がそれを洗い流します。

一般的な外壁塗装は約10年が塗り替えの目安と言われています。
10年毎に塗り替えるとメンテナンス費用も高くなりがちですが、光触媒コートをしておくと、約30年の耐久性があります。

太陽光パネルが汚れると発電効率が落ちてしまします。屋根の上では手入れも難しく、メンテナンスに費用がかかってしまってはせっかくの発電も無駄になります。太陽光パネルに光触媒コートをすることでいつでも効率の良い発電ができます。

建物の外壁、太陽光パネルに