外壁・屋根の簡単チェック

こうなったら要注意!外壁&屋根の塗り替えタイミング

新築の時あんなに綺麗だった外壁も、雨風や紫外線の影響によりどうしても劣化してしまいます。また、外壁や塗料の種類、施工の状態によって劣化のタイミングも変わってきます。 一般的な新築住宅は築10年~20年が一つの塗り替えのタイミングになります。 外壁・屋根のチェックポイント

どうして塗り替えが必要!?

外壁塗装は、単に美観のためだけに塗装されているわけではありません。外気や雨風、紫外線などの刺激から外壁を守ってくれています。 塗装が剥がれると、それらの刺激から守ることができず、外壁自体がひび割れを起こしたり反ってきたりします。 そうなると外壁内部に直接水分や湿気が入り込むため、外壁内部や木材が腐食し、雨漏りや断熱性の低下、家が傾く、外壁が崩れるといった重大な被害になりかねません。 そうなってしまっては大きなリフォームが必要になったり、最悪家を建て替えることになりコストも莫大になってしまいます。 そうなる前に早め早めの対策をしておきましょう。
目地割れ… 近年の住宅の外壁に多く採用されているのばサイディングボードというパネル外壁材で、このボードとボードのつなぎ目を“目地”といいます。 目地にはコーキング(シーリング)という作業でゴム状のつなぎ目を作り隙間を埋めています。 このコーキングが年月とともにひび割れたり亀裂が入ってくることを目地割れといいます。 標準的なシーリング材は10年程度で劣化してきますが、明光創建では20年近く持つ最高級のシーリング材で外壁リフォームを行っています。
チョーキング… チョーキングとは外壁劣化の現象の一つで、塗料がチョークの粉の様になってしまうことを言います。外壁や屋根の塗装面を手で触って粉がつけばチョーキングが始まっています。 チョーキングは外壁劣化の初期症状です。程度にもよりますが「そろそろ外壁の塗り替えかなあ。」という目安と考えてください。
明光グループへの問い合わせ