【兵庫】屋根塗装の知識!遮熱塗料は使用したほうがいい?効果はでるの?

屋根塗装で遮熱塗料を進められたけど、普通の塗料との違いがわからず、判断に困っていませんか?

「普通の塗料とどう違うんだろう」

「遮熱にしたら涼しいの?」

など、いろんな疑問を持たれていると思います。

この記事では、

  • 遮熱塗料とは何か
  • 屋根塗装で遮熱塗料をお勧めする理由
  • 屋根塗装に遮熱塗料を使用することで効果を得られる建物は?

について解説します。

外壁や屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

屋根はドローンを使って画像で一緒に見ながら点検できます。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

遮熱塗料とは何か

遮熱塗料とは、太陽光を効率よく反射し、建物が受ける太陽の熱を軽減させる効果を持っています。

屋根に遮熱塗料を塗ると、熱エネルギーの九州が軽減するので、屋根の温度上昇を抑えることができます。

遮熱塗料以外にも、屋根を遮断する方法として、遮熱機能つき屋根材や遮熱シートなどもありますが、手間や費用を見ても遮熱塗料を採用する方が手軽です。

屋根塗装で遮熱塗料をお勧めする理由

遮熱塗料は屋根材の温度上昇の原因となる太陽光の熱を効率よく反射するので、屋根材の温度上昇を押さえてくれます。

遮熱効果を高めたい場合は、白に近い色を選ぶといいでしょう。

白の方が日車反射率が高いので、よりたくさんの光を反射し、熱が屋根材に吸収されるのを防ぎます。

日車反射率を知りたい方は、色決めスタッフにご相談ください。

遮熱塗料の耐用年数は15年から20年くらいです、耐光性が高いので、耐用年数も長いのです。

屋根は太陽光の他にも雨や風などにさらされているので、外壁よりも劣化が早いです。

そのため、耐用年数が長い塗料を選んでおくと、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことができ、足場代の節約になります。

屋根塗装に遮熱塗料を使用することで効果を得られる建物は?

屋根塗装で遮熱塗料を使用することで遮熱効果を期待できる建物はどういった建物でしょう。

まずはスレート屋根です。

屋根材の厚みが4〜5ミリ程度と薄いので、屋根の温度上昇がすぐ屋根裏に届きます。

こういった建物は2階が暑かったりします。

遮熱塗料を採用すると変わりますので、お勧めします。

また、トタンやガルバリウム銅板、アルミなどの金属屋根は、熱の伝導率が高く、表面温度が高くなりやすいので、遮熱塗料がお勧めです。

また、吹き抜けのある家屋は1回と2回の仕切りがないので、2階の日差しがそのまま1階に届き、気温が上がりがちです。

ですので、屋根に遮熱塗料を利用するのはお勧めです。

家の高さがあるほど、太陽光を遮るものがなくなってくるので室内温度が上がります。

2階以上の建物であれば、遮熱効果の高い塗料を使用すれば、2階の気温も下がります。

まとめ

この記事では、

  • 遮熱塗料とは何か
  • 屋根塗装で遮熱塗料をお勧めする理由
  • 屋根塗装に遮熱塗料を使用することで効果を得られる建物は?

について解説しました。

遮熱効果のある塗料を使用すると、エアコンなどの電気代も変わってきます。

ぜひ検討してみてください。

 

外壁や屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

屋根はドローンを使って画像で一緒に見ながら点検できます。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

おすすめの記事