【神戸】屋根の耐用年数はどれくらい?素材別に解説!

屋根の耐用年数はどれくらいなのでしょうか。

それによって、屋根の塗装や葺き替えをしなければなりません。

この記事では

  •  屋根材の種類と耐用年数の一覧表
  •  屋根材の耐用年数とは?
  • 「スレート屋根」の耐用年数
  • 「ガルバリウム鋼板屋根」の耐用年数
  • 「トタン屋根」の耐用数
  • 「和瓦(釉薬瓦)屋根」の耐用年数
  • 「アスファルトシングル屋根」の耐用年数
  • 「セメント瓦屋根」の耐用年数

ついて解説していきます。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路、加古川市を中心に降雨時を行っている明光グループでは、無料外壁と屋根の無料点検を行っています。

観戦無料で必要のない工事は勧めません。お申し込みはトップページの問い合わせフォームでお申し込みください。

電話の際は、「サイトを見た」とおっしゃってください。

目次

屋根材の種類と耐用年数の一覧表

屋根材によって耐用年数が変わってきます。

屋根材 耐用年数 メンテナンス周期
スレート屋根 30年 5年
ガルバリウム銅板 30~40年 15年
トタン屋根 20~30年 10年
和瓦 30~40年 15年
アスファルトシングル 30~40年 5年
セメント瓦 30年 10年

屋根の耐用年数と、初回のメンテナンスする時期を表にしてみました。

30年もつ屋根材でも、メンテナンスは10年前後で必要です。

屋根際の耐用年数とは?

屋根材の耐用年数は、防水性を保てる年数のことを言います。

屋根は日光を遮断したり、風を遮断したり、色々な役割がありますが、一番大切なのは防水性です。雨漏りをすると家の基礎を劣化に招いたり、内装や家材、住人にも被害が出ます。

屋根材の寿命だけを気にしてはいけない

表を見ると、30年持つんだからそれまで何もしなくてもいいと思われがちです。

しかし、屋根の防水能力には、表面の屋根材だけではなく、屋根の下地にに貼り付けられている

「ルーフィング」問いいうものが大きく関わっています。

そのルーフィングの重要性は以外に大きく、ルーフィングさえ無事なら屋根材に劣化があっても雨漏りを起こしません。

屋根の寿命を考える時には、一緒にルーフィングの寿命についても考える必要があるでしょう。

リーフィングとは

ルーフィングとは、屋根材と屋根の下地木材の間に貼られている防水性を持ったシートです。

これが必要な理由は、スレート屋根や河原屋根だと、すこし水を通してしまいます。

そのため、このリーフィングを貼って、水分が下地木材に漏れ出して劣化するのを防ぎます。

屋根材には問題はなくても、内部のルーフィングは耐用年数をすぎて劣化している場合もあるので、チェックはしたほうがいいでしょう。

ルーフィングの耐用年数は30年間が目安です。

屋根材の寿命と同じくらいになります。

屋根材の耐用年数だけが長くても意味がない

和瓦以外の屋根では、ルーフィングだけ交換することはできません。

ルーフィングが劣化して雨漏りがするようなら、屋根材も一緒に交換する必要があります。

耐用年数を過ぎたらどうなる?

耐用年数を過ぎたらどうなるのでしょう。

防水性もなくなるので、

  • 雨漏り
  • 屋根材のヒビ、割れ、変形
  • 家の躯体(構造体)の腐食

などが起こります。

ここまできてしまうと、修繕の際におかけがかかってしまうので、そうなる前に修繕をしたほうがいいでしょう。

スレート屋根の耐用年数

スレート屋根の耐用年数は30年前後が目安です。

スレート屋根はあまり雨に強くないので、ルーフィングより早く寿命がきてしまうことが多いです。

スレート屋根のメンテナンス時期と内容

スレート屋根の防水性を保ちながらながく済むためのメンテナンスを紹介します。

5年ごとにヒビの点検・補修

スレート屋根は割れやすいので、5年おきに業者による点検が必要です。

明光グループではドローンを使った屋根の点検を無料で行っておりますので、どうぞご依頼ください。

15年目に棟板金の交換

屋根の棟は、築15年過ぎたあたりで固定に使用されている釘が弱くなったり、強風で飛んでいってしまうリスクがあります。

そのため築15年の時期に棟板金および下地木材の交換を行うといいでしょう。

築10年くらいで外壁塗装の時期にもなりますので、その時期に合わせると、足場代が節約できるので、お勧めです。

築30年〜40年目に葺き替え

スレート屋根は築30〜40年くらいで寿命を迎えます。

そのため、屋根と下地んぽ全交換が必要です。

これを葺き替え工事と言います。

30年目に工事を済ませておくと安心です。

築30年目になると外壁も劣化しているので、一緒に外壁塗装も行うと、足場代も浮きますし、工事が1回ですみます。

スレート屋根の寿命のサイン

スレート屋根の寿命のサインを上げていきます。

カビ・苔が生えてしまったときは高圧洗浄をしてカビ、苔、藻を落とします。そして、劣化状況に応じて、塗装や全面葺き替えをします。

退色や色褪せが起こってい流場合は、ひび割れがないか確認した上でと塗装をお勧めします。

割れていた場合は雨漏りが発生する前に「部分差し替え」もしくは「葺き替え」が必要です。

また、スレート屋根を留めている釘に緩みや外れが生じている場合は、「棟板金の交換」か「葺き替え」の対応になります。

ガルバリウム銅板屋根に耐用年数

ガルバリウム銅板の寿命は30〜40年が目安です。ほとんどの場合は30年以上は使うことができます。

ガルバリウム銅板の寿命よりもルーフィングの寿命が先に来ることがあるので、30年持つからと言って油断していると雨漏りの原因になります。

ガルバリウム銅板屋根のメンテナンス時期と内容

ガルバリウム屋根の防水性を万全に保ちつつ長く続けるために以下のような周期と内容でメンテナンスを行うといいでしょう。

築15年目に「棟板金の交換」をする

築15年を境に、屋根の「棟」を固定している釘が弱くなり、強風で外れる可能性が出てきます。

そうすると雨漏りのリスクも出てくるので、15年目には棟板金と下地木材の交換をするのがおすすめです。

築30〜40年目に葺き替え

30年もするとルーフィングが寿命を迎えます。

ガルバリウム銅板屋根材はもう少し持つのですが、ルーフィングがダメになると雨漏りをするので、30年頃に「葺き替え」をするタイミングになります。

40年が上限だと考えてください。

ガルバリウム銅板屋根が耐用年数を迎えたサイン

ガルバリウム銅板屋根に以下の症状が現れた時は、使用年数に関わらず修理やリフォームの時期になります。

サビ:ガルバリウム銅板屋根にサビが佐世した場合は、「塗り替え」もしくは「葺き替え」が必要です。

穴あき:ガルバリム銅板屋根が割れている場合は、雨水が入って下地の腐食や雨漏りが起こる前に。「部分差し替え」もしくは「葺き替え」が必要です。

釘の緩み:

ガルバリウム銅板屋根の板金留めの釘の緩みや脱落があった時は「棟板金の交換」か「葺き替え」が必要です。

トタン屋根の耐用年数

トタン屋根の耐用年数は20年から30年です。

サビによっては20年前後しか持たないことも少なくありません。

トタン屋根のメンテナンス時期と内容

トタン屋根の防水性を保つためには以下の周期でメンテナンスが必要です。

築10年目に塗装をする

トタン屋根は錆が進みやすいです。10年目に塗装をした方がいいでしょう。

10年目はちょうど家の外壁塗装を考える時期です。

外壁と一緒に屋根も業者に見てもらって、工事をするなら一緒にした方がいいでしょう。

明光グループに依頼いただければ、無料で外壁と屋根の点検を行います。

築15年目に「棟板金の交換」

とやんやねも築15年くらい経ってくると固定している釘がyお枠なり、強風で屋根が飛んでしまうリスクが高まります。棟板金と下地材の交換を行ってください。

築30年目にに葺き替え

屋根の下に引いてあるルーフィンが、30年前後で寿命を迎えます。

トタンの寿命もこの頃にやってくるので、交換をしましょう。

トタン屋根が耐用年数を迎えたサイン

錆;トタン屋根に錆が生じてきたら塗り替えか葺き替えが必要です。

穴あき:トタン屋根に穴が空く、もしくはトタン屋根が割れている場合は「部分差し替え」もしくは「葺き替え」が必要です。

和瓦屋根の耐用年数

和瓦は陶器と同じ製法で作られているので、屋根材そのものも寿命は50年以上あります。

それならメンテナンスいらないなと思われるかもしれませんが、下に敷いているルーフィングが寿命が30年から40年になります。

和瓦屋根の場合は、ルーフォングだけを交換して、和瓦はそのまま使用できるのがポイントです。

和瓦屋根のメンテナンス時期と内容

和瓦屋根の防水性をなるべく万全に保ちつつ、b長く使い続けるためには、以下のような周期と内容でメンテナンスを行います。

築15年の棟の取り直し:和瓦屋根は築15年目頃から棟瓦の土台や木材が劣化し、瓦が強風で飛んだり、地震で崩れる可能性があります。

そうなる前に「棟の取り直し」という、棟の土台と棟瓦の買いたいと再設置工事を行いましょう。

棟の取り直しの費用は15〜30万円です。

築30〜40年目に葺き替えもしくは葺き直し:瓦の下にあるルーフィングが築30〜40年で寿命が来るので、このタイミングで「葺き替え」や「葺き直し」を行います。

瓦が痛んでいなかったらそのまま使えるので、拭き直しで大丈夫です。

瓦屋根が耐用年数を迎えたサイン

瓦のずれ:屋根の瓦がずれている場合、雨漏りを起こすリスクが高いので、締め直しか葺き替え、葺き直しが必要です。

瓦の破損:瓦がは損していたら雨漏りを起こしますので、部分張り替えもしくは葺き替えが必要です。

棟瓦のずれ:瓦屋根の棟瓦がずれている場合は棟の取り直しか葺き替えが必要です。

アスファルトシングル屋根の耐用年数

アスファルトシングルとは、表面にアスファルトや繊維でできたシートを接着剤と釘で屋根の表面に固定して使う外装材です。

防水性にすぐれている上施工費用も安価です。しかし、安心して使うのはこまめに点検して剥がれを点検し、補修する必要があります。

耐用年数は30〜40年

アスファルトシングル屋根の耐用年数は30〜40年が目安です。

ただし、メンテナンスをしていなければ20年前後で寿命がきます。そのためメンテナンスをしっかりしなければなりません。

アスファルトシングル屋根のメンテナンス時期と内容

それでは、重要なメンテナンスについて解説します。

5年ごとに剥がれの点検、補修:アスファルトシングルの接着面は剥がれることがあります。

そのため、5年目、10年目、15年目と5年おきに業者に頼んで点検を受けた方がいいでしょう。

築15年目に棟板金の交換:アスファルトシングル屋根の頂上にある板金部分は、築15年目頃から釘の固定力が減少し、強風で剥がれる可能性が高くなります。

そのため、築15年を目安に棟板金と下地木材の交換をした方がいいでしょう。

築30年目に吹き替えかカバー工法:30年経つと寿命がきます。防水目的のルーフィングも寿命です。

このタイミングで葺き替えをし、屋根材とルーフィングの交換をお勧めしています。

また、アスファルトシングルは屋根材に比べて下地が痛みにくいため、葺き替えより安いカバー工法で済むことも多いです。

アスファルトシングル屋根が耐用年数を迎えたサイン

剥がれや浮き:アスファルトシングルが剥がれたり、浮いていたり、めくれていたりした場合は再接着か部分張り替えが必要です。

モや苔の発生:アスファルトシングルに藻や苔が生えていた場合、軽度なうちは高圧洗浄で落とすことですみます。

しかし放置しておいて広範囲に渡った場合、再塗装や葺き替えが必要になることがあります。

セメント瓦屋根の耐用年数

セメント瓦は和瓦とは違い、塗膜に寿命があるため、塗装メンテナンス画必要です。

瓦屋根の耐用年数は30年前後が目安です。

セメント瓦屋根のメンテナンス時期と内容

セメント瓦の防水性を万全に保ちながら住むにはメンテナンスが必要です。

築10年目に塗装

セメント瓦屋根は、表面の塗膜に年々劣化が生じます。築10年に塗装を行い、防水性を回復するといいでしょう。

このころ外壁塗装の時期でもありますので、一緒にした方が足場代などが2回バラバラにやるより安く上がるので、一緒にすることをお勧めします。

築15年目に「棟の取り直し」

瓦屋根は築15年目ことから棟瓦に土台や下地木材が劣化して、強風の時に飛んでいってしまったり、地震により崩れる可能性があります。

それを防ぐために「棟の取り直し」という棟の土台と棟瓦の解体、作り直しのメンテナンスが必要です。費用は15万円から30万円です。

築30年めに葺き替え

セメント瓦と下にあるルーフィングが築30年で寿命を迎えます。そのため、セメント瓦とルーフィングの葺き替えを行った方がいいでしょう。

和瓦なら瓦を再利用できるのですが、セメント瓦はそれ自体が寿命なので、全てを交換することになります。

セメント瓦屋根が耐用年数を迎えたサイン

セメント瓦屋根に以下の症状が現れていた場合は、修理やリフォームの時期です。

カビ・苔・色褪せ:カビと苔なら高圧洗浄で除去が必要です。

範囲が広かったり取りきれない場合は塗装を行います。

瓦のずれ:セメント瓦がずれている場合は、雨漏りなどが起こる前にしめ直しか葺き替えが必要です。

瓦の破損:セメント瓦が破損している場合は雨漏りがする前に部部分差し替えか葺き替えが必要です。

棟瓦のずれ:症状に応じて棟の取り直しか葺き替えが必要です。

地震によるくずれ:屋根の復旧のためには葺き替えをしたほうがいいでしょう。地震保険などに入っていれば補償されるので、写真をとって相談しましょう。

まとめ

この記事では

  •  屋根材の種類と耐用年数の一覧表
  •  屋根材の耐用年数とは?
  • 「スレート屋根」の耐用年数
  • 「ガルバリウム鋼板屋根」の耐用年数
  • 「トタン屋根」の耐用数
  • 「和瓦(釉薬瓦)屋根」の耐用年数
  • 「アスファルトシングル屋根」の耐用年数
  • 「セメント瓦屋根」の耐用年数

ついて解説していきました。

屋根材によって耐用年数もメンテナンスも違うので、それぞれの屋根材の項目を参考にしてください。

しかし、屋根に登るのは危険です。

自分で登って点検するのは危険ですので、明光グループの無料点検をご利用ください。ドローンで撮影した画像を一緒に見ていただけます。

もちろん無料ですので、申し込みフォームからどうぞ。

電話の場合は「サイトをみた」とお伝えください。

 

おすすめの記事