屋根の葺き替え工事を行う前に知っておきたいポイントは?
屋根の葺き替え工事を行う前に知っておきたいポイントは?

屋根の劣化が目立ってきたり、雨漏りなどが起こると、屋根の修繕をしなければなりません。

どういった修繕をするのかと言うと、お勧めなのが「葺き替え工事」です。

屋根材を丸ごと交換する改修方法です。

この記事では

  • 屋根の葺き替え工事のメリットデメリット
  • 屋根の葺き替えを行う前に押さえておくこと
  • 屋根材の種類とおすすめの屋根材

について解説します。

屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

屋根の吹き替え工事のメリットデメリット

屋根の葺き替え工事とは、屋根材を丸ごと変えて、新しい屋根材に変えることです。

下地になっている野地板や防水シートも取り替えるのが一般的です。

メリットとしては、家の寿命が伸びます。

屋根の機能が新しくなるので、建物を風や雨から守ってくれますし、雨漏りもしなくなります。

また、家の外観も新しくできます。

屋根を変えるだけでも、家の印象が大きく変わり、綺麗になります。瓦をスレート屋根の意変えたり、金属屋根など、素材を新しくするので、家の外観を一新し、違った印象にすることが可能です。

また、多くの家は瓦屋根の割合が多いのでですが、瓦屋根は耐久性が高いのですが、重さがあり、建物に与える負担が大きいのも事実です。

スレート屋根や金属などの新しい屋根材に取り替えることで、重さの負担が軽減し建物の耐震性が高まります。

デメリットとしては、費用が高いことが挙げられます。

屋根材を全て取り替えるので、それなりの費用がかかってしまいます。

また、既存の屋根材を処分する際に、破片が近所まで飛んでしまうことがあります。

屋根材を屋根から下に下ろす際にどうしても埃は舞ってしまうのです。

それが原因でご近所トラブルになることもあるので、工事をする際にはしっかり挨拶をする様にしています。

屋根の葺き替えを行う前に押さえておくこと

葺き替え工事を行うにあたって、どの様なことを押さえておく必要があるのか、ポイントをご説明します。

ポイントとしては

ポイント
工事業社に屋根の上を十分診断してもらう
どの屋根材を使って吹き替えをするか決める
どの業者に施工を依頼するのか決める

といったポイントがあります。

屋根の葺き替えには、3種類あります

ポイント1:工事業者に屋根の上を十分に診断してもらう。

  • 葺き替え工事:既存の屋根材を全て撤去し、新しい屋根材に変える工事
  • 重ね葺き工事:既存の屋根をそのまま残し、その上に屋根材を被せる工法
  • 塗装工事:塗料で塗り替えを行う工法

これら3種類がありますが、屋根やその周りの劣化状況で変わってきます。屋根材やその下の野地板という部分の劣化が進行している場合には、葺き替えが必要になりますが、劣化状況が深刻出ない場合、葺き替えではなくそれ以外の2つの工事でいい場合もあります。

しっかり点検をしてもらい、どの工事が必要髪てもらいましょう。

ポイント2:どの屋根材に葺き替えるか決める

葺き替えはおもに、日本瓦、スレート瓦、ガルバリウム銅板の3種類がよく使用されています。

それぞれ特徴が違いますので、業者とよく話し合って決めめしょう。

ポイント3:どの業者にするか決める

葺き替え工事をどの業者に依頼するかは非常に重要なポイントです。

それに関しては明光グループを信じていただければと思います。

しっかりドローンで点検をし、どの工事が適切か、費用面もしっかりお話しさせていただきます。

屋根材の種類とおすすめの屋根材

葺き替えに用いる屋根材の種類とお勧め屋根材をご紹介します。

各屋根材によって性能や外観、費用などことなってきますので、その特徴を理解して選びたいですよね。

和瓦の特徴

和瓦は日本で最も親しまれてきた屋根材です。

通気性を確保した工法によって断熱効果を得ているので、日本の気候にあっているのです。

耐久性も高く、瓦自体のメンテナンスは不要と言う利点もあります。

ただ、重量があるのがデメリットです。他の屋根材に比べると重たいので、耐震性に影響します。

スレート屋根の特徴

スレート屋根は別名、カラーベスト、コロニアルなどと呼ばれ、価格も安く、施工もしやすいので日本の新築住宅で多く使用されています。

和瓦と比べ軽いので建物への負担も少ないです。

しかし、スレート瓦の主成分であるセメントに防水性がないため、表面を塗装した状態で新築に使用されているのですが、経年劣化で防水性がなくなり、カビや色褪せなど発生してしまいます。

ガルバリウム銅板

ガルバニウム銅板の屋根は耐用年数が長く、軽くて安いので近年人気の屋根材です。

心材となる銅板の銅板の腐食を防ぐために、亜鉛、メッキ、シリコンで構成されたメッキ銅板のことをいいます。。

デザイン性にも優れていて、デザインも豊富にあるのが人気の理由です。

金属製の屋根材の中では一番耐用年数が長く、軽量で安価のため、人気が出てきました。

ジンカリウム銅板の特徴

新カリウム銅板は、別名「自然石粒付銅板:と呼ばれています。

銅板の表面を意匠性の高い石粒でコーティングしている屋根材です。

表面の石粒によって防音性や傷のつきにくさがプラスされるので、従来の金属屋根の弱点を克服しています。

また、屋根材自体に意匠性があるため、塗装も必要ありません。

アスファルトシングルの特徴

アスファルトシングルの最大の特徴は施工の自由度です。

シート上でハサミやカッターで切ることができるので、さまざまな形状の屋根に使用することが可能です。

日じょうに軽く、耐久性、防水性にも優れています。

しかし、アメリカでよく使用されており、日本での流通量は少なく、輸入品のため、価格が高く、適切な工事ができる施工業社が少ないというデメリットがあります。そのため、あまりお勧めではありません。

まとめ

この記事では

  • 屋根の葺き替え工事のメリットデメリット
  • 屋根の葺き替えを行う前に押さえておくこと
  • 屋根材の種類とおすすめの屋根材

について解説しました。

屋根材にはいろいろな種類があります。

劣化で雨漏りがする前に、補修工事をしておきたいものです。

屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

 

 

神戸市、三木市、明石市、加古川市、高砂市、姫路市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社明光ワークス・株式会社明光創建

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事