【神戸市の外壁塗装】中古物件を購入したら外壁塗装が必須?費用や時期は?

最近では、神戸市でも、中古物件を買う方も増えています。

中古物件に長く住むためには、定期的な外壁塗装は必要です。

外壁塗装が必要になるのは「築10年以上」「直近の外壁塗装から10年前後」が目安です。

この記事では

  • 中古物件に長く安心して住むために、定期的な外壁塗装が必要な場合
  • 中古物件の外壁塗装が必要な時期を見極める方法
  • 中古物件の外壁塗装〜色選び、外壁塗装費用の知識のまとめ
  • 中古物件購入前のやっておと安心なこと

について解説します。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路、加古川市を中心に降雨時を行っている明光グループでは、無料外壁と屋根の無料点検を行っています。

観戦無料で必要のない工事は勧めません。お申し込みはトップページの問い合わせフォームでお申し込みください。

電話の際は、「サイトを見た」とおっしゃってください。

神戸市の中古物件に長く安心して住むために、定期的な外壁塗装が必要な場合

中古物件には、定期的な外壁塗装が必要です。

なぜならば。定期的の外壁塗装をしなけれは、外壁の本来持っている防水性を失い、中古物件の内部に水が入り、外壁がどんどん傷んでしまうからです。

外壁は時間の経過とともに劣化し、防水性を失います。

そのため、防水性を維持するためには定期的な外壁塗装が必要なのです。

外壁は日々紫外線や雨がぜ、砂汚れなで傷んでいきます。

そのままで置いておくと、外壁に雨水が侵入して、外壁材は雨水によって腐食し、あっという間にダメになります。また、雨水が内部に侵入するようになると、雨漏りやカビ、シロアリなどが発生しします。

家がシロアリによって傷んでいくのはもちろん、カビが生えた家で住んでいると呼吸器系に問題が生じる恐れがあります。

こういった理由で、外壁塗装は定期的にすることが必要なのです。

中には定期的外壁塗装が不要な中古住宅もある

外壁塗装が必要ない物件もあります。

それは、

  • タイル
  • レンガ
  • 樹脂系サイディング

です。

しかし、一見レンガに見えても、実際には窯業系サイディングである場合がほとんどなので、一度明光グループの点検を受けていただければと思います。

明光グループは外壁や屋根のチェックを無料で行っています。無駄な工事は進めませんので安心しトップページからお申し込みください。

神戸市の中古物件の外壁塗装が必要な時期をみきわめる方法

外壁塗装が必要な時期となる場合は、築10年前後が目安です。

そのため。中古物件の築年数が10年経っている場合、外壁塗装が必要な時期を迎えている可能性があります。

直近の外壁塗装に使用した塗料製品がわかれば、さらに性格の外壁塗装が必要となる時期の目安がわかります。

なぜなら、塗料によって、耐久年数が違うからです。

いい塗料なら15年持つものもありますし、安いものだと10年で塗装をし直さなければならないということもあります。

中古物件の外壁塗装歴や使用した塗料製品を調べる方法として、

  • 直近の外壁塗装の実施年数
  • 直近の外壁塗装時に使用した塗料製品
  • 塗装工事を実施した塗装業者
  • 直近の外壁塗装以外にも塗装歴があるか

などを確認する必要があります。

わからない場合は仲介の不動産会社に聞いてみるとわかるかもしれません。

塗料製品の名称がわかれば、塗料製品耐久年数は、書く塗料のメーカーのホームページで調べることができます。

外壁は紫外線や外部の周辺環境が関係します。日当たりや、周囲の工場があるか、沿岸地域かどうかななどによって変わってきます。

「外壁の劣化症状」を確認すれば外壁塗装が必要になる時期が正確に分かる。

外壁に現れる劣化症状を確認することで、中古物件が必要な時期を正確に身決めることができます。

たとえば、

  • 著しいチーキング
    色褪せ
    幅が3mm以上のひび割れ
    無数の傷がある、
    サビの発生
    苔・藻の発生
    塗膜の膨れ
    塗膜の剥がれ

などがあると、外壁の防水性が失われてきているサインです。

神戸市の塗装のプロに外壁塗装が必要な時期を見極めてもらう方法もある

やはり、外壁塗装が必要かどうかは、プロの目で見てもらうことが一番です。

神戸市での点検も明光グループは行っており、しかも無料です。

外壁の痛みの見方はお伝えしましたが、

「自分の判断では難しい」

「専門家の意見も聞いてみたい」

「劣化症状を見てみたが、よくわからない」

という方には専門業者に確認してもらう方がいいでしょう。

外壁塗装の業者に外壁を見て貰えば、すぐ外壁塗装が必要か、しばらく様子見でも問題ないか、

いつ頃外壁塗装をするのがいいのかがわかります。

神戸市に外壁塗装の会社はたくさんありますが、明光グループは不要な工事は進めませんので、しっかり確認させていただければと思います。

お勧めは、中古物件を購入するタイミングで外壁塗装することです。

なぜなら、

新築のような綺麗な外見の住宅で新生活をスタートさせる。
しばらくは外壁塗装の心配をしなくてもいい
時間や手間がかかることを購入時にまとめて終わらせられる
足場で飛沫防止ネットで暗くなるのを経験しなくてもすむ

といったメリットがあります。

中古物件を買ったでも外壁塗装はできるのですが、飛沫防止ネットで家が薄暗くなりますし、塗料bの匂いと窓を自由に開けられなくなる、工事期間中(2週間程)職人が常駐しているとなりますので、それをストレスに感じる方はいます。

ですので、中古物件を購入して住む前に塗装を済ませておくと変なストレスを感じずに済みます。

一方で、しっかり塗装をしてくれているかをチェックしたい方は、引っ越しした後に外壁塗装をしたほうがいいでしょう。

どちらにしろ、足場設置前の現場確認と、完了検査のタイミングには立ち会わないといけません。

遠方から引っ越す場合は、入居してからの方がいいでしょう。

中古物件の外壁塗装〜色選び、色選び・外壁塗装費の知識まとめ

この章では、塗料選びから、色選び。外壁塗装費用に関する知識をご紹介します。

塗料選び:外壁塗装の塗料を選ぶポイント

外壁塗装をする場合、スタッフも数種類塗料を提案しますが、どれを選んだらいいかわからないと思う方もいらっしゃいます。

説明させていただいた上で決めてもらうのですが、ここで選ぶポイントを解説します。

外壁塗装の塗料を選ぶポイント

耐久年数

外壁塗装の寿命に大きく関係します。

15年持つものは15年ごとに外壁塗装をすればいいのですが、10年未満しかもたない塗料を選ぶと、それだけ短い期間で外壁塗装を行わなければならなくなります。

外壁塗装の頻度を抑えたい場合には、耐久年数の長い塗料を選んだほうがいいでしょう。

また、屋根塗装も考えている方は、屋根塗装と同じ時に塗装ができるように塗料の耐久性を考えるといいでしょう。

性能

賢く塗料を選びなら、塗料の性能もしっかり考えおきましょう。

塗料の性質は防汚性、遮熱性、防藻・防カビ性など様々あり、どの性能を備えているかは塗料によって違います。

防汚性と遮熱性は、複数の性能を合わせて持つと塗料も少なくありません。

また、WDと言って、外壁に模様をつける技法も明光グループでは行っており、性能もよく、外壁のイメージがガラリと変わるので、本当に新築のようになります。

どのような性能を持つ塗料が良いかは、お客様の要望はもちろん、物件が経っている中古住宅の立地状況(機構や日当たり、周囲に工場があるか、沿岸地域かどうか)などにも変わってくるのでスタッフと相談して決めましょう。

価格

塗料の価格も塗料選びのポイントになります。

塗料の値段は幅広く、どれを選んだらいいかわからなくなりますよね。

耐久年数が短いものは安く、長持ちするものほど高くなる傾向があります。

外壁塗装をどれくらいの間隔で行うかを考えていくといいでしょう。

高い値段の方が耐久性も高く、性能も高いです。

選ぶならそれらを考えて塗料を選んでいきましょう。

明光グループで外壁塗装を行うときは、契約の時にどんな塗料を使うかは、契約の際に決めるので、スタッフに聞いてゆっくり決めてもらったらいいです。

色は塗料によって違います。メーカーによって色が違うので、色の奇抜にしたいと思ったらメーカーが絞られます。

明光グループでは色決めの時にしっかり話しますの、一緒に考えて行けたらいいと思います。

色選び方法と人気カラー

外壁塗装の色選びは二つ考えがあります。

これまでと同じ塗料を選んで外観を一新するか、これまでとは全く異なる色を選んで住宅の印象を全く変えるかの2択です。

このサイトにはたくさんの外壁塗装のビフォーアフターが載っていますので、参考にしてみてください。

人気の外壁塗装の人気カラーは、以下の通りになっています。

出典:アステックペイント

白が人気です。白を塗ると家が明るくなりますよね。

しかし、近くに大きな道路や工場があると汚れが目立つ可能性もあるので、色極めスタッフと一緒に考えていきましょう。

外壁塗装:集古物件の外壁塗装にいくらかかる?

中古物件の外壁塗装にかかる費用相場は80〜150万円になります。(2階建て住宅で塗装面積200㎡の場合)

しかし、外壁の痛みなどや使用する塗料によって価格は変動するので、参考までにしてください。

中古住宅を購入にやっておくと安心な塗装歴の確認とインスペクション

外壁塗装歴の有無は要チェック

中古物件を購入する前に、外壁塗装歴の有無を確認しておきましょう。

外壁塗装歴のある物件を高乳するなら、以下のことを確認しておいたほうがいいでしょう。

  • 直近の外壁塗装の実施年月
  • 直近の外壁塗装時に使用した塗料製品
  • 塗装工事を実施した塗装業者
  • 直近の外壁塗装以前にも塗装歴があるか(外壁塗装を何回実施しているか)

を確認しておくと、今後外壁塗装の計画が立てられます。

インスベクション(建物状況調査)を実施するのもおすすめ

中古物件を購入するとき、購入前にインスペクション(建物状況調査)をしておくと安心できます。

インスベクションとは

建築士(国土交通省の定める講習を修了した建築士)が行なう、建物の「構造耐力上主要な部分(基礎、壁など)」および「雨水の浸入を防止する部分(屋根、外壁など)」に生じている劣化・不具合の状況を把握するための調査です。

まとめ

この記事では

  • 中古物件に長く安心して住むために、定期的な外壁塗装が必要な場合
  • 中古物件の外壁塗装が必要な時期を見極める方法
  • 中古物件の外壁塗装〜色選び、外壁塗装費用の知識のまとめ
  • 中古物件購入前のやっておきと安心なこと

について解説しました。

神戸で購入するのに関わらず、中古物件を購入する際は外壁塗装歴を確認しておきましょう。

インスベクションもしておくとさらに安心です。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路、加古川市を中心に降雨時を行っている明光グループでは、無料外壁と屋根の無料点検を行っています。

観戦無料で必要のない工事は勧めません。お申し込みはトップページの問い合わせフォームでお申し込みください。

電話の際は、「サイトを見た」とおっしゃってください。

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事