【兵庫】台風や暴風で雨漏り発生!発生理由や修繕費用の相場を解説!

台風や強風などでいきなり雨漏りをしたら焦りますね。

台風や強風は住まいにさまざまな被害をもたらしますが、代表的なものは雨漏りです。

この記事では

  • 雨漏りが発生した時の対処法
  • 台風で雨漏りが発生する原因
  • 雨漏り補修にかかる費用
  • 火災保険が使えるかもしれない?!

について解説していきます。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路市、加古川市を中心に工事を請け負っている明光グループは無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください。

トップページのお問い合わせからぜひお申し込みください。

お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください

台風で雨漏りが発生!まずはどうする!?

雨漏りが発生したららどうすれば良いのか、具体的な対処方法を説明していきます。

台風で雨漏りをしたら、まずは台風が通り過ぎるのを待ってください。

台風の最中に屋根に登ってしまうと、事故が起こる危険があります。

台風が過ぎ去った後の対処方法としては、

ブルーシートで覆う

雨水の侵入箇所をブルーシートで覆うことで、一時的な雨漏りは留めることができます。

はっきりと侵入箇所が分からなくても、屋根から雨水が侵入している疑いがある場合は屋根一面を覆います。

外壁からの雨水の侵入の疑いなら外壁一面をブルーシートで覆うことで一時的の対処にはなります。

防水テープでふさぐ

雨水が侵入しているところがはっきりとわかっている場合は、防水テープでふさぐ方法もあります。

雨水が侵入してくるところを防水テープで塞ぐことで、一時的に雨水の侵入は防げます。

防水テープが貼れるのは侵入箇所が乾いている時だけです。雨が降っている時はこの対処方法は使用できません。

しかし!危険がいっぱい!

屋根に登るのは大変危険な行為ですし、ブルーシートは一時的なものにしかなりません。

あくまでも業者に見てもらうまでの繋ぎにしかなりません。

雨漏りがしたら、すぐに明光グループにご連絡ください。

通常の雨では雨漏りはしない、台風の時だけという時でも、普通の雨水は染み込んでいるだけでどんどん家の劣化が進んでいます。

業者修理してもらわないと住まいに染み込んだ水分が家を腐食させたり、長い間放置していると住まいは本来の耐久性を維持できず、家の寿命が来てしまいます。

また、生えたカビにより喘息やアトピー、アレルギー性キアkん支援アスペルギルス症などを引き起こす可能性があります。

そのため、しっかり業者に内部も見てもらって、修繕をすることが必要なのです。

雨漏りが発生する原因は?

雨漏りを発生した原因とは様々あります。

ここからは雨漏りが生じる原因について解説します。

雨漏りの原因①自然災害(台風)

台風によって住まいに何らかの破損が生じて、そこから雨漏りを起こすことがあります。

台風によって住まいに何らかの破損が生じる例

  • 暴風で屋根材がとび、そこから雨漏りが発生
  • どこからか飛んできたものが外壁を壊し、そこから雨漏りが生じた

などの理由があります。

この場合、台風で引き起こった損傷を修繕する必要があります。

雨漏りが起きた時も台風が直接的な原因とは限りません。

もともと住まいに問題がある場合も、通常の雨なら大丈夫でも、激しい雨や横殴りの雨で雨漏りが発生した可能性もあるので、その際は他の箇所も点検してもらう方がいいでしょう。

雨漏りの原因②経年劣化

外壁や屋根、シーリング(コーキング)は紫外線や雨風で劣化します。

これを経年劣化と言います。

経年劣化が進行すると、家の持っている防水性能が失われるので、住まいに雨水が侵入してくるのです。

コーキングの劣化

こう言ったコーキングの劣化から雨水が侵入します。

経年劣化で雨漏りがしている場合は、他の箇所も点検して、補修工事が必要になります。

雨漏りの原因③新築なら施工不良

家を建ててすぐ、もしくは2〜3年しか経っていないのに、雨漏りがした場合は施工不良の場合があります。

よくあるのは、窓枠や換気口などの開口部と呼ばれる部分に何らかの問題があるケースが多いです。または、換気扇ダクトからの雨漏りや、窓周りから雨漏りなどもあります。

施工不良が原因なら、施工した業者に言って無料で補修してもらえることがあります。

雨漏りの原因④何らかの工事

家の何らかの工事をした時に家に傷がついて台風の時に雨漏りが発生した可能性があります。

雨漏りの発生原因となることがある工事例としては

  • 太陽光パネルの設置
  • スレート屋根の塗装工事:スレート屋根を塗装する時、スレートの重なり部分を「縁切り」します。そも縁切りをしていない、もしくは不十分だったことが原因で雨漏りが発生することがあります。

雨漏りの原因⑤メンテナンス不足

きちんと掃除をしていなかったり、壊れた箇所をそのままにしておくなど、住まいのメンテナンスをしていなければ、台風の時に雨漏りが起こる可能性があります。

ベランダを全く掃除していなくて、排水溝が落ち葉で詰まってしまい、雨漏りが発生したり、壊れた雨樋をそのままにしていたため雨漏りが発生したりなど、メンテナンス不足は色々な弊害をもたらします。

掃除は普段からきちんと行っておく方がいいでしょう。

雨漏り補修が必要な場合、どれくらいかかる?

ここでは、雨漏り補修にどれくらい費用がかかるか、相場を解説します。

雨漏り補修にかかる費用相場

雨漏りの発生原因によって必要な補修工事は大きく変わります。

これはあくまでも目安であって、劣化や状態によって費用は変わってきます。

補修工事の内容 費用相場
ひび割れ補修(シーリング補修) 5万円〜
ひび割れ補修(シーリング補修)+外壁塗装 100万円〜
外壁重ね張り(既存の外壁の上に外壁材を施工する) 150万円〜
外壁張り替え(既存の外壁を取り除き、新しい外壁材を施工する) 200万円〜
屋根の重ね葺き(既存の屋根をそのまま残し、その上に屋根材を被せる工法) 80万円〜
屋根葺き替え(古い屋根材を撤去し、新しい屋根材に変える) 100万円〜

雨漏り補修工事は火災保険で無料になることも!

台風による雨漏りはかけている火災保険によっては火災保険を使って無料で補修できることがあります!

台風によって屋根材が都なされたことで雨漏りが発生した場合など、台風、暴風などの自然災害は保険が下りることがあります。

しかし、経年劣化は火災保険は使用できません。

火災保険の契約内容によって補修費用が出るか決まるので、ご自分の契約している保険をご確認ください。

る業者を選ぶ際にはチェックしたいポイントがあります。

まとめ

台風で雨漏りがした場合に知っておいていただきたい知識について解説しました。

台風で雨漏りが発生した場合、自分で屋根に登ったりするのは危険です。

業者にすぐ修繕を依頼しましょう。

放置しておくと家の劣化が進みます。

明光グループでも修繕を行わせていただきます。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路市、加古川市を中心に工事を請け負っている明光グループは無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください。

トップページのお問い合わせからぜひお申し込みください。

お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事