錆止め塗料の効果とは?素材にあった選択について解説

錆止め塗料を塗ることはたくさんあるのですが、どれほど効果があるのかと疑問を持たれている方もいらっしゃると思います。

錆止め塗料が効果を発揮するには、塗る前のケレン作業や素材にあった錆止め塗料を選ぶことが必要です。

この記事では

  • 錆止め塗料の効果とは
  • 錆止め塗料を塗る箇所
  • 錆止めを塗るタイミング
  • 最適な錆止め塗料の選び方

について解説していきます。

外壁の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

錆止め塗料の効果とは

錆止め塗料の硬派を発揮するために必要な作業がケレンという作業です。

ケレンとは錆止め塗料を塗る塗装されていない部分(素地)のサビや汚れを落とし、表面に傷をつけて塗料の密着をよくする作業です。

素地のヴょうせいをおこたり、サビがついたままでは、錆の進行を抑えることができず、どんなにいい塗料を塗っても効果がありません。

近年は錆止めは変性エポキシ樹脂系の者が構成もでよく使われるのですが、紫外線に弱いので仕上げ材としては向きません。

ですから、耐候性のよい塗料を上塗りするのが一般的です。

つまり、。錆止め塗料を使用してさびを抑えるには、ケレン作業でしっかりさびを落とし、耐候性の高い塗料を上塗りすることが大切です。

工具が入らない部位や騒音が出せないなどの時は、十分なケレンができないので、サビのあ成長を止める塗料を塗ることがあります。

一般的に錆止め塗料を塗る場合はケレン作業でさび面が露出するまで研磨する必要がありますが、ケレン不要で塗れ、防食ができる塗料も開発されています。

錆止めを塗る箇所

錆止めを塗る箇所は、素材が鉄である金属屋根・鉄銅構造物・階段の手すり、また亜鉛鉄板、アルミニウム、ステンレスにも塗ることができます。

錆止めを塗るタイミング

一般的な合成樹脂塗料でぬった鉄部は屋外で3〜4年、屋内で5〜6年程度で光沢がなくなり、チョーキングという現象が現れ、サビが発生してきます。

サビが進行すると腐食してしまい危険ですので、上記の症状が合わられたら早めに塗り替えと錆止めを行うことが長持ちのポイントです。

最適な錆止め塗料の選び方

これまでさまざまな錆止め塗料について解説していきましたが、錆止め塗料は素地の状態によって適切なものが異なるので、どれが一番いいのかという答えは出ません。

ですので、例として樹脂、溶剤の種類から、鉄部の錆止めによく使用されるケースについて説明します。

錆止め塗料の現在の主流でいうと、変性エポキシ樹脂系のものが高性能でよく使われています。

溶剤の種類は弱溶剤が多いです。溶剤とは何かというと、塗料は強溶剤、弱溶剤、水星の3種類があり、シンナーを混ぜて希釈して使用するものを溶剤系塗料、水で希釈して使用する塗料を水性塗料と分類し、溶剤系の中にはさらに強溶剤と弱溶剤に分類されます。

一般的には強要剤、弱溶剤、彗星の順に耐久性が高いです。

しかし、弱溶剤、水性塗料も求術の進化によって耐久性は上がっています。

シックハウス対策で、屋内に塗る場合には水性のエポキシ樹脂系のものを選択するといいでしょう。

まとめ

この記事では

  • 錆止め塗料の効果とは
  • 錆止め塗料を塗る箇所
  • 錆止めを塗るタイミング
  • 最適な錆止め塗料の選び方

について解説していきました。

錆止めにも色々な方法や塗料があります。

わからないことがあれば現場のスタッフに気兼ねなく聞いてください。

外壁の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

神戸市、三木市、明石市、加古川市、高砂市、姫路市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社明光ワークス・株式会社明光創建

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事