瓦の寿命も塗装次第?塗装が必要な瓦とは?

外壁塗装をするときに足場を建てます。

足場を建てるのは結構な費用がかかるので、その足場を組んだときに一緒に屋根塗装をする方も多いです。

実際、外壁を見に行かせていただいたとき、屋根もチェックしますので、そのときに塗装が必要だと判明することもあります。

最近ではスレート瓦が主流ですが、昔ながらの瓦を使用しており、メンテナンスはできるのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

この記事では

  • 塗装が必要かは瓦の種類できまる
  • 屋根材の特性とメリットデメリットは?
  • セメント瓦の塗装のポイントは?

について解説していきます。

外壁や屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

屋根はドローンを使って画像で一緒に見ながら点検できます。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

塗装が必要かは瓦の種類できまる

瓦には、塗装が必要な瓦と、不要な瓦の2種類があります。

粘土系

粘土系の瓦は和瓦と言われ、いぶし瓦・無釉瓦・陶器瓦等があります。

昔ながらの瓦のことです。

瓦は他の屋根材より重く、台風などの強風には強いのですが、重さがあるので耐震性は他の屋根材に比べて低めです。

粘土系の瓦は衝撃を受けるとヒビが入りますが、基本的にはメンテナンス不要の優秀な瓦です。

しかし、漆喰などの瓦以外の部分はメンテナンスは必要です。

粘土系の瓦でメンテナンスをするというと、瓦の交換、補修、漆喰の補修がメインです。

セメント系

セメント系の瓦は、セメント瓦やモニエル瓦があります。粘土を焼いたものではなく、セメントと砂、水を合わせてモルタルのように加工したものになります。

そのため、瓦の表面には色艶もなく、防水性もありません。そのため、塗装が必要です。

モニエル瓦は表面にスラリー層というセメントの液が薄く吹き付けられ、さらに防水のためにクリヤー塗料が塗られています。

この上に塗料を塗ると剥がれることが多いので、現在は製造されていません。

モニエル瓦かセメント瓦かを見分けるには、小口部分が凸凹しているものがモニエル瓦です。

ご自分で確認することは難しいと思いますので、明光グループが無料で行っているドローンでの屋根点検を受けることをお勧めします。問い合わせからお申し込みください。

屋根材の特性とメリットデメリットは?

それでは、瓦塗装の特性と、そのメリットデメリットをご紹介します。

瓦塗装の最大のメリットは、他の素材の屋根の塗装より安く済むことです。塗装以外のメンテナンスでは屋根の葺き替えがあります。家を20年以上もたせたい!という方は瓦屋根を全部変える葺き替え工法をお勧めしますが、10年前後、外壁塗装と同じタイミングでメンテナンスしようと思われる方は塗装をお勧めします。

デメリットはモニエル瓦は塗膜が上がれやすいことです。もろいスラリー層が1mmあるので、細かいところまで塗装ができない、また剥がれやすいというデメリットがあります。

セメント瓦の塗装のポイントは?

セメント瓦の塗装のポイントと注意点をお伝えします。

まずは、先ほどデメリットとしてあげたように、モニエル瓦には表面にスラリー層というセメントの液が吹き付けられていて、その他にも苔やカビなどがついています。

ですので、高圧洗浄やケレンをしっかり行い、ケレンや高圧洗浄でしっかり除去しなければいけません。

ケレンとは、サビや古い塗膜を除去することをいいます。

下地処理をしっかり行ってからは、セメントの素材が剥き出しなので、下塗り剤を吸収してしまいます。想定していた下塗り材の量を塗り終わってもまだ吸い込みが続くなら、もう一度下塗りを行わなければなりません。下塗りがきちんとできていないと、耐久性問題があります。

普通にセメント瓦も劣化すると防水性も落ちるので、塗装をし直す必要があります。

まとめ

この記事では

  • 塗装が必要かは瓦の種類できまる
  • 屋根材の特性とメリットデメリットは?
  • セメント瓦の塗装のポイントは?

について解説していきました。

和瓦は基本的には塗装は不要で、漆喰などをメンテナンスすればいいのですが、セメント瓦は防水性が劣化してくるので塗装が必要です。

外壁や屋根の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

屋根はドローンを使って画像で一緒に見ながら点検できます。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

おすすめの記事