光触媒ってなに?光触媒塗料のメリット・デメリットは?
光触媒ってなに?光触媒塗料のメリット・デメリットは?

光触媒は、最高級の高級塗料です。

壁についた汚れを分解して落としやすくするセルフクリーニング機能や、高い抗菌作用があります。

特に抗菌作用は、近年流行した新型コロナウイルスにも有効であることから注目を受けています。

この記事では

  • 光触媒とは
  • 光触媒のメリット
  • 光触媒のデメリット
  • 光触媒塗料の注意点

について解説していきます。

兵庫県の神戸市、明石市、姫路市、加古川市を中心に工事を請け負っている明光グループは無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

光触媒とは

光触媒塗料とは、塗料自体が汚れを落とす機能と、抗菌作用を持っており、一般的な塗料よりも耐久年数が長いので、外壁塗装の感覚をあげたくて、それでも綺麗さは保ちたいと言う方にはぴったりです。

光触媒は原料の酸化チタンが紫外線に反応することで光触媒作用という化学反応を起こし、塗膜の親水性が高まるので、外壁が水分を弾きにくくなるため、汚れと外壁の間に雨水などが流れ、油脂のような強力な汚れも落とします。

光触媒には2種類あり、「紫外線型」と「可視光型」があります。

光触媒塗料の種類
紫外線型光触媒塗料:紫外線に反応して光触媒の効果を発揮する
可視光型光触媒塗料:紫外線だけではなく、室内の光でも光触媒作用を発揮する

光触媒のメリット

光触媒には3つのメリットがあります。

メリット①セルフクリーニングで汚れが落ちる

光触媒塗料に含まれる酸化チタンが紫外線に反応し、光触媒作用という化学反応を起こすので、汚れを分解し、雨水で流します。

汚れを落とすので、メンテナンスのコストを50〜70%削減できるとも言われています。

特徴②抗菌・浄化作用を持つ

光触媒汚れだけでなく、カビや藻、最近なども分解して発生を抑制すると言われています。

新型コロナウイルスにもこの作用が発揮される塗料だと話題になりました。

排気ガスの有害物資を分解する空気洗浄機能もあります。

特徴③一般的な塗料より耐用年数が長い

光触媒の塗料の耐用年数は15年から20年あると言われています。

しかし、TOTOからでた光触媒塗料には実際にはそこまでの耐用年数はなかったという報告もあります。

光触媒塗料の全てに効果がないというわけではありませんが、注意は必要です。

光触媒塗料のデメリット

光触媒にもデメリットがあります。

デメリット①費用が高額になる

光触媒の塗料は価格が高いので、外壁塗装の費用も上がります。

一般的なシリコン塗料の1.5倍ほどの価格になると言われています。

デメリット②塗膜にヒビが入りやすい

光触媒は15年から20年持つと言われていますが、それより短くなる可能性があることはおつたえしました。

これは、光触媒の塗料が他と比較して硬くなりにくく、外壁に使用した際にひび割れを起こしやすいという特徴によるものです。

ひび割れが入ると雨水は家屋の内部に侵入し、雨漏りなどを起こしてしまう可能性があります。

デメリット③日当たりによっては効果が発揮できない

光触媒は紫外線と雨水に晒されることでセルフクリーニングを発揮します。

ですので、紫外線のあまり当たらない日陰になっている部分や、雨水がかからないところでは力を発揮できません。

日当たりの良い場所と悪い場所がある場合、日当たりの悪い部分の汚れが返って目立つことも有ります。

デメリット④塗料の行程が短く、職人を選ぶ

光触媒には他の塗料とは異なった工程を踏みます。ですので慣れた職人しか施工することが難しいです。

弊社の職人は皆光触媒塗料の使い方には慣れているので、安心してお任せください。

デメリット⑤色や艶のバリエーションが少ない

メーカーにもよりますが、光触媒は他の塗料と比べて色のバリエーションが少ないです。

これは、光触媒塗料の原料である酸化チタンが白色なので、濃い色の塗料を作れないためです。

また、鳥のふんなどの強い汚れは分解しきれないこともあります。

デメリット⑥全てに汚れが落ちるわけではない

光触媒塗料のセルフクリーニング機能は油脂汚れなどには強いのですが、土の汚れや火山灰などの無機質の汚れには対応していません。

デメリット⑦屋根用の塗料が販売されていない

光触媒塗料には屋根用の塗料がないのです。

そのため、壁と屋根の塗料を変える必要が出てきます。

外壁は光触媒で長持ちしても、屋根の塗料を耐用年数が短いグレードの悪いものを使用すると、外壁塗装と屋根塗装の時期がずれてしまいます。

外壁塗装と屋根塗装は同時に行うと足場代が1回分で済むので一緒にするのをお勧めしているのですが、光触媒塗料を使うと時期がずれてしまう可能性があります。

光触媒塗料の注意点

光触媒塗料を使用する場合、注意していただきたいことがあります。

まず、全く汚れないわけではないことです。

紫外線や雨水の影響もありますし、光触媒塗料はあくまで汚れにくく、汚れが落ちやすいというだけなので、経年劣化があります。

光触媒にしたら全く汚れがつかないとは思わないでください。

まとめ

この記事では

  • 光触媒とは
  • 光触媒のメリット
  • 光触媒のデメリット
  • 光触媒塗料の注意点

について解説していきました。

光触媒にもでメリットはありますが、やはり紫外線がしっかり当たって雨水がかかる壁なrあ、汚れにくく大変有力な候補です。

メリットとデメリットを比較して、また色決めスタッフが参りますので、そこでスタッフになんでもご質問ください

兵庫県の神戸市、明石市、姫路市、加古川市を中心に工事を請け負っている明光グループは無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

 

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事