ベランダの防水について!痛みの見極め方を解説!

洗濯物を干すためにベランダに出た時、床が痛んでいることに気づくことはないでしょうか。

築10年もしてくると、ベランダも痛んできます。しかも、ベランダは日中紫外線にあたり、降水時には雨水を受け止める場所なので痛みやすいです。

この記事では

  • ベランダ防水工事には定期的なメンテナンスが必要
  • ベランダの劣化のサインとは?
  • ベランダの防水工事、メンテナンスの依頼先は?

について解説していきます。

外壁の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

ベランダ防水工事には定期的なメンテナンスが必要

一般的なベランダの場合、ベランダの床面にはFRP防水というもので防水性能を持たせています。

防水面の上にはトップコートと呼ばれる塗料が塗布されています。

経年劣化によって痛んでくるため、5〜6年したらトップコートを塗り替えて行く必要があります。

劣化を放置すると、最悪の場合、雨漏りに繋がりますので、定期的なメンテナンスが必要です。

FRP防水とはどういったものでしょうか。

ERP防水

FRP防水とはベランダの防水工事の一種です。ベランダ防水工事のな館も塗膜防水工事に分類されます。

FRPとは繊維強化プラスティックという意味です。黙想住宅のベランダを形成した合板などにプライマーを塗った後、防水ポリエステル樹脂をぬり、ガラスマットを貼り付けます。

さらにその上から防水用ポリエステル樹脂を塗り込み、空気層をなくす作業を行います。

その後、同じ工程を塗り返し二重の防水層を仕上げていきます。最後にサンダーや研磨紙で表面を滑らかにした後にトップコートを塗って仕上げます。

他にもベランダ防水にはウレタン塗膜防水やシート防水、アスファルト防水などもあります。詳しく知りたい方は現場の職人にご遠慮なく聞いてください。

ベランダの劣化のサインとは?

一戸建ての新築のベランダ防水はFRP防水で行われます。

劣化のサインは、

  • トップコートの色褪せ
  • トップコートの割れ
  • 苔、藻、草の繁殖
  • 防水層の浮き
  • 塗膜の膨れ

こういったサインが見つかればベランダの補修が必要になります。

ベランダの防水工事、メンテナンスの依頼先や費用は?

ベランダの防水工事は弊社で行っております。

ベランダ補修をする際、外壁塗装や屋根塗装も一緒に行う方が多いです。

なぜなら、痛むタイミングが同じくらいだからです。

外壁の点検や補修は、兵庫県で塗装工事を請け負っている明光グループにお任せください。完全無料で外壁や屋根の点検を行っています。

無駄な工事は勧めませんので、ぜひ一度点検を受けてみてください!お申し込みはお問い合わせフォームからか、お電話の際は『サイトを見た』とおっしゃってください。

まとめ

この記事では

  • ベランダ防水工事には定期的なメンテナンスが必要
  • ベランダの劣化のサインとは?
  • ベランダの防水工事、メンテナンスの依頼先は?

について解説していきました。

ベランダの点検も明光グループは行っていますので、ぜひお問い合わせください。

無料ですので、ご依頼お待ちしております。

神戸市、三木市、明石市、加古川市、高砂市、姫路市の外壁塗装・屋根塗装は株式会社明光ワークス・株式会社明光創建

お問い合せ

明光グループは兵庫県神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市須磨区、神戸市垂水区、神戸市西区、神戸市北区、明石市、加古川市、三木市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、小野市、高砂市、加西市、姫路市、たつの市、相生市、太子町、福崎町、市川町、神河町の地域密着で施工させて頂いております。 明光グループでは現地調査を徹底的に行い、不要な工事の提案は行いません。屋根や外壁の点検は完全無料ですので、 ご自宅の屋根や外壁の状態について知りたい方、問題がある方、ご相談でもお気軽にお問い合わせください。 ご自宅や問題の箇所などのお写真を添付して頂きますと、より詳しくご説明させて頂きます。  

    おすすめの記事